訪問リハビリ・マッサージのアッピー治療院(上尾、足利、高崎)

健康コラム

2021年12月

こんにちは!アッピー治療院院長の藤田留之介です。
12月、今年も残すところ1か月となりました。冬も本番に入り、寒さが一層深まってきましたね。

そこで今回取り上げるのは「乾燥肌」です。
乾燥することで喉の痛みや、咳、肌荒れなど健康に対して悪い影響を及ぼすことがあります。直近でいうと新型コロナウイルス感染症、インフルエンザ、ノロウイルスなど飛沫により感染拡大させる病気が流行し始めるころです。

私から乾燥肌を予防するポイントを2つと効果が期待されるツボを紹介します。

1.室内の加湿

室内での快適な湿度は40%~60%と言われています。40%未満は喉の乾燥や痛みに、60%を超えるとカビなどが発生につながりやすくなります。

湿度を調整するために加湿器を使われている方が多いと思います。効率よく加湿をするためのポイントとして

暖房と併せて使う!
暖房を使用すると室内が乾燥するため加湿器を併せて使いましょう。設置場所として暖房の下がお勧めです。加湿器が出す湿った空気を暖房の風が運んでくれるためです!逆に窓際や家電の近くは冷気による誤作動や他の家電が故障する可能性があるため避けた方がいいです。
暖房を切るときに加湿器も切る
暖房を切ると部屋の室温は下がりますね!その時の温度差で結露が出るため部屋の湿度が上がります。そのため加湿器を付けたままにしておくとカビが発生しやすくなる60%以上になる可能性があるので気を付けましょう!

2.食材

牡蠣・鶏肉・レバーや、人参・ほうれん草などの緑黄色野菜などは乾燥肌の改善に良いと言われています。紹介した食材に含まれるたんぱく質ビタミン、亜鉛が肌の細胞やターンオーバーを整える役割を持っているためです。この時期だと鍋にピッタリの具材ですね!!

最後に乾燥肌に効果が期待されるツボを紹介します。

合谷
腸の働きを高めて乾燥肌を改善する
孔最
肌のうるおいをコントロールする働きを高める
太白
消化吸収を助ける

トップに
戻る