訪問リハビリ・マッサージのアッピー治療院(上尾、足利、高崎)

健康コラム

2022年9月

こんにちは!
アッピー治療院の倉地宏幸です。

9月になり寒暖差が大きくなってきましたね。
昨日は暑かったのに今日は肌寒い...なんてことを既に体感された方も多いのではないでしょうか。
9月は夏から秋への季節の変わり目です。
こういった時期はとても体調を崩しやすいので気をつけなければなりません。
寝苦しい日に寝不足になっていませんか?
遅めの夏休みを取得された方で、休み明けの仕事の疲労、ストレス蓄積されていませんか?
そんな暑さによる疲れ、ストレスの蓄積、睡眠不足によって発症することが多いのが9月病です。
今回はこの『9月病』についてお話していこうと思います。
5月コラムには『5月病』について載せてあります。
今回ご紹介する『9月病』対策と併せて使えますので、是非ご覧になってみてください。

9月病は、5月病と同じで病気の名前ではなく、9月に発症しやすい症状の総称として近年使われるようになりました。
では、5月病と9月病は何が違うのか...
実は出てくる症状に大きな違いはありません。
5月病は環境の変化による疲労の影響が大きく、9月病は連休後の夏の暑さに耐えてきた身体の疲労蓄積によるところが大きいとされています。
9月病の主な症状は、やる気が出ない、強い不安感、イライラしやすい、寝付けない、頭痛、めまい、耳鳴り、食欲不振、等があります。

これらの症状により乱れた自律神経や弱った免疫力をそのまま放置しておくと様々な病気をもたらす可能性があるので注意が必要です。

そんな9月病の対策法を今回もいくつか紹介していきます。

対策法

1. 規則正しい生活を心がけ、質の高い睡眠をとる

5月病でも紹介しましたが、睡眠時間の確保は基本です。
出来るだけ毎日同じ時間での起床、睡眠時間の確保を心がけましょう。
長すぎる睡眠は頭痛を引き起こす原因になりますので、休日の寝だめも避けるようにしましょう。

2. 入浴したり、外出時に上着を一枚持参し、身体を冷やさない

外出する昼間は暖かくても、夜には冷えることもあります。
身体の冷えは内臓が冷やされ食欲不振になったり疲れやすく立ちくらみやめまいを引き起こします。
疲労をしっかりと回復させストレスを解消できるようにゆっくり入浴することをお勧めします。

3. 身体に優しい食事を心がける

ビタミン、ミネラルなどの栄養を含んだ食材を摂るようにしたり、消化の良いものを食べるように心がけて胃の負担を少しでも減らすようにしましょう。
もちろん飲み物も冷たいものはなるべく避け、常温か温かいものを摂取するようにしましょう。
お勧めは色んな具材を一緒に摂れるおでんです。
こんにゃくは、低カロリーで便秘解消にも効果があります。
大根は、ビタミンCや食物繊維といった内臓の働きを整える成分が豊富です。
ロールキャベツのキャベツにもビタミンが豊富で免疫力をアップしてくれます。

4. リラックス法を取り入れる

ご自身に合ったリラックス法を取り入れていただくことが一番のストレス解消になります。
マッサージを受けに行ったり、ハイキングをして森林浴をしてみたり、アロマを焚いて好きな香りを楽しんだりと沢山方法はありますので、一度自分に合ったストレス解消法を探してみるのも良いと思います。
ツボを刺激してみたい方は、自律神経を整えたり、頭痛や不眠を和らげる効果がある労宮、内関、手三里、百会、湧泉をお勧めします。
ツボの位置は6月のコラムに掲載されておりますので、そちらをご覧ください。

如何でしたでしょうか。
症状は身体の危険を知らせているサインになりますので、放っておかずに早めのケアをしていただけたらと思います。

 


トップに
戻る